さくっと腰痛改善道
神秘の業 八相穴 たった10分で激しく痛む腰痛から開放される方法

ぎっくり腰 対処法

 ぎっくり腰になってしまった時、心がけるべきことは最初の2〜3日はできるかぎり横になって寝ていた方が回復を早めることになります。その後も約1週間は安静を心がけ、中腰になることを極力避けることが大切です。中腰の姿勢になると再発することがあります。ぎっくり腰になってしまった時、心がけるべきことは初めの3日間ぐらいは極力、横になり寝ていた方が回復を早めることになります。その後も約1週間は安静を心がけ、中腰になることを極力避けることが大切です。中腰の姿勢になると再発することがあるからです。
 また、ぎっくり腰になって初めの一週間ぐらいは、消炎鎮痛のために冷やす湿布を行います。
 完全に治るのには、3〜4週間はかかりますので、急性期の激しい痛みがなくなっても、その期間は無理をせず、関節の軟部組織の修復に必要なコンドロイチン・グルコサミン・ビタミンCなどを摂取されて自然治癒力を高めた方がよいでしょう。この三つの栄養分を取るという事は大変重要です。

 ぎっくり腰と運動、安静についての研究はされていますが、必ずしも運動で回復が早まるとは言い切れないようです。しかし、ぎっくり腰の痛みの恐怖から、長い間、横になった状態が続くと、体を支えるために必要な筋肉が弱化して、体を動かさないことによる、血行不良も招きます。また、骨の強さには、適度な運動による振動が必要なため、この振動を絶たれた状態では、骨が弱くなってしまう可能性もあります。
 このようなことを考えると、ぎっくり腰の炎症期が過ぎて痛みが軽減された時期に、軽い体操を始めた人の腰痛が改善されたという話は納得できるかもしれません。
 ぎっくり腰は、ほとんどの場合、ひどい痛みに襲われ、起き上がることもできず、トイレに立つことも困難、身の回りのことが全くできないなどといった症状に見舞われます。ぎっくり腰になったばかりの時は、患部が炎症を起こし熱を持つことで痛みを強く感じるかもしれませんが、2〜3日ほどで炎症が治まって痛みが軽減されてきます。
 しかし、ぎっくり腰で強い痛みに驚き、恐怖心を持ってしまった人は、痛みが和らいで、回復傾向になっても「また、痛みが強くなるのでは?」「しばらく寝ていたほうが安心だ」と思うようです。しかし、炎症期が過ぎて痛みが軽減されてきたら、少しは身体を動かした方が、症状が和らいでくることもあります。痛みの出ない範囲内で、無理はせずに日常生活を始めることで、腰の状態が良くなる場合もあるのです。
 ぎっくり腰の痛みがひどくて動けなくなってしまった場合は、体をまるくし股関節と膝を軽く曲げ、エビのような姿勢で横になりましょう。外出先の場合には、鞄を枕替わりに頭を乗せ、他の荷物などを膝の間にはさむとぎっくり腰の痛みが楽になることがあります。もし、保冷剤やアイスパックが偶然にでも手に入る場合は、それをハンカチやタオルに包み、痛い部分に10分間程度あてて患部を冷やしましょう。
 横になるときに、急に倒れこむようにすると、かえって状態を悪化させることがあるので、動作はゆっくりで横になりましょう。
 もし、ベンチを見つけたら、ベンチの端にゆっくり座って、両手で体を支えながら横になります。痛みのある方を下にするのがよいでしょう。この時もエビのような「くの字」の姿勢になりましょう。このとき、体をねじったり反らしたりすると悪化する恐れがあるため、動作には注意が必要です。
 ぎっくり腰になった時は、可能であれば横になることが大切です。保冷剤など腰を冷却できるものがあれば、なお良いです。もし、近くを見渡した時に病院があれば、応急処置をしてもらうこともできます(治療院の中には、応急処置可能なところもあります)。多くのぎっくり腰は、2〜3日間の炎症期(この期間は痛めた腰を冷やします)を過ぎ無理に動かなければ、回復傾向がみられます。
 しかし、ギクッと腰を痛めたときに足が痛んだりしびれたり、日毎に痛みが強くなるような場合は、早めに病院で診てもらいましょう。
 ぎっくり腰になると、自分の力で姿勢を保つことが大変負担になります。外出先でぎっくり腰に襲われた場合、もし、近くに壁があれば、まず体を少し曲げてお尻を壁に付けてから腰を押し付けるようにします。そして、立っていられない時には、壁によりかかった状態からゆっくり腰をおろし、うずくまりましょう。このとき、少しでも楽になる姿勢を優先させ、無理に体を起こしたり腰を押し付け過ぎたりしないようにしましょう。
 移動するときは、壁に腰を預けながらカニのように横歩きをします。片方ずつ、ゆっくりと足を運んでいきます。ぎっくり腰の場合は、歩幅は小さめにするのがよいでしょう。
 ぎっくり腰は、少し時間が経ってから動けないほど悪化することもあるので、なんとか歩けそうな時でも、症状の悪化を防ぐためになるべく自力では歩かないようにするのがよいでしょう。どうしても歩かなければいけない場合でも、なるべく何かにつかまるのよいでしょう。近くに人がいたならば、その人の肩につかまりゆっくり歩きます。手すりのあるところも利用することができます。
 車に乗せてもらえる、タクシーに乗れる状況であれば、シートを倒したり、後部座席で横になるようにして乗ります。ぎっくり腰では、自分で車を運転することは避けたほうがよいでしょう。
 ぎっくり腰のときは、2〜3日は安静にしているのがよいのですが、どうしても家の中で移動をしなければならないときには、なるべく腰に負担が掛からないようにするため、壁をつたって歩くのがよいでしょう。また、立って歩く時にもお腹に力を入れ、腹筋を使うことで腰への負担が軽減できます。
 普段は、特に体重の移動などは考えずに歩いていると思いますが、
ぎっくり腰の時には、一歩一歩に注意を払って足を動かします。
痛みの出る姿勢などには個人差があるため、少しでも楽な体勢を見つけると良いでしょう。
 1.壁にお尻をつけ少し前かがみになって、
 2.ゆっくりカニ歩き(横歩き)で移動します。

【ぎっくり腰に朝、襲われたら】
 朝目が覚めて、急に伸びをしたり起き上がったりすると、ぎっくり腰になる場合が多くあります。朝、目が覚めた時や起きて間もない時は、気持ち良く伸びをするつもりが、ぎっくり腰で、腰を痛めてしまうことが多いのです。体を動かしている日中よりも、起きたばかりの時は血行が悪く、筋肉が硬くなりがちであることも理由のひとつです。

ぎっくり腰の患部を冷却をすることが好ましいので、動けそうな時は次のような手順でベッドから起き上がってください。

1.仰向けの状態から、まずゆっくり膝を立てる。
2.腰をひねらないようにして横向きになる。
3.体を起こして、足をベッドからおろす。
4.ひと呼吸おいてから、ゆっくり立ち上がる。

ベッドではなく、布団から起き上がるときは、上記の1と2までは同じで、横向きになったあとに体を起こしますが、次のような点に注意します。

・上半身だけをねじらないようにします。
・腰を反らして起こすと悪化する可能性があるので注意する。
・ヒジを伸ばしながら体を起こし、腰に負荷をかけないようにします。
・腰への負担を減らすために、お腹に力を入れながら体勢をかえます。
・四つんばいになってから、ゆっくり立ち上がります。
 ぎっくり腰では、まず痛めた腰を冷やすことが大切です。普段から冷凍庫には氷を作っておくのがよいでしょう。氷は、直接皮膚に当てると「凍傷」になってしまう可能性があるので、氷を水にくぐらせてから厚手のビニール袋に入れ、ぎっくり腰の腰部に当てるようにします。冷却は10分間ぐらいが必要です。
 できれば、氷ではなくて、少し大きめの保冷パックを購入し冷凍しておくのがよいでしょう。冷却した後は、冷湿布を貼っておくと、痛みが和らいで感じられます。炎症が治まる2〜3日間はぎっくり腰の痛みが続くことがあります。その間は、温めると炎症が増して痛みが強くなるため、温めることは避けましょう。
 ぎっくり腰後、2〜3日間は安静にしているのがよいのですが、どうしても、家事をしなくてはならない場合には、腰を固定させ腰の負担を減らすことが必要です。腰痛用のベルトを持っている場合は、それを使用しますが、持っていない場合には、腰に巻ける幅広で長めの布を用意して、腰の部分に腰部が固定されるよう何重にも巻きます。
 ぎっくり腰の炎症症状がある期間中は、基本的にはストレッチ等の運動療法はしませんが、ぎっくり腰でも試してみてよい運動があります。
 そのストレッチというのは、まず、仰向けになって、両膝を立てた状態から片足を関脚していきます。同時にその股関節の前面にある筋を圧迫して、股関節前面で緊張を強めている筋をほぐしていくというものです。このストレッチは、伸展型腰痛で腸腰筋のスパズムをともなっている場合に有効で、腸腰筋を緩めることで痛みがかなり軽減されることがあります。圧迫している筋が多少痛くても、強く圧迫しながら徐々に動かすのがポイントです。
このぎっくり腰の痛みを和らげるストレッチは、最初、動かすのが怖いかもしれませんが、少しずつ、日に何回か試して、様子をみて効果をみてください。
 ぎっくり腰になってしまった後の2〜3日間は、安静にすることが大切です。ぎっくり腰のときは、ひざと股関節を少し曲げて寝たり、膝を曲げて横向き丸くなって寝ると、腰への負担が軽くなります。痛みが強いときは、市販の消炎鎮痛薬や湿布薬を使ってもよいでしょう。ただし、「どんな姿勢をとっても楽にならない」「発熱を伴う」「冷や汗が出る」などの場合には、ほかの重大な病気の可能性もあるので、すぐに病院に行って診てもらってください。2〜3日経ったら、徐々に日常生活に戻るようにします。布製の柔らかいコルセットなどを利用して腰を固定すると、腰の負担が軽くなって動きやすくなります。
ご案内
『ぎっくり腰を治そう!【ぎっくり腰】治療情報局』では、ある日突然にやってくる『ぎっくり腰』に対する知識を深め、ぎっくり腰に対する対処法、予防法、さらには治療法を学んで戴ければと思っています。すでに、ぎっくり腰を体験された方、まだの方を問わず本サイトの情報をお役立て戴ければ幸いです。
ぎっくり腰 最新コメント