さくっと腰痛改善道
神秘の業 八相穴 たった10分で激しく痛む腰痛から開放される方法

ぎっくり腰とは

 今までぎっくり腰の経験が無かった人が、初めて経験するぎっくり腰のことを「ぎっくり腰デビュー」と呼びます。ぎっくり腰デビューを果たすと、ただただ苦痛に耐え「どうして、ぎっくり腰になったんだ?」と悔やむ時間を過ごすことになるかもしれません。「ぎっくり腰デビュー」をする直前までは、「自分には、ぎっくり腰なんて関係ない。」と思っている場合が多いようです。そんなわけで、多少、腰に重たさを感じていても、そのうち自然に治るだろうと考えてしまうのです。しかし、「ぎっくり腰デビュー」の瞬間は突然やって来ます。
 このような「ぎっくり腰デビュー」を果たすまでには、様々な要素が重なり合って原因になっています。特に、季節の変化に体調を崩しやすい人は、夏から秋にかけて自律神経に乱れが生じたときに、「ぎっくり腰デビュー」を迎える可能性が高くなります。

ぎっくり腰は、季節の移り変わる時期に起こりやすいようです。季節の変わり目にはぎっくり腰に注意しましょう。
 ぎっくり腰は、突然になるように思われがちですが、実はぎっくり腰になりやすい、生活習慣や行動によって腰部に負担や疲労が蓄積していて、引き起こされるものなのです。
 いつの間にか、ぎっくり腰になりやすい身体になってしまっていて、何らか行動が引き金になってぎっくり腰になってしまう可能性のある人のことを「ぎっくり腰予備軍」と呼んでいます。この「ぎっくり腰予備軍」に仲間入りしていることにも、気がつかないのが普通です。一度、ぎっくり腰になると、その後もぎっくり腰を繰り返すことが多いので、「魔女の一撃」とも呼ばれるぎっくり腰になる前に、「ぎっくり腰予備軍」から抜け出しましょう。
ぎっくり腰とは一般的に、重いものを持った時や急な体幹の捻転時におこる急性の腰痛を指します。ただし「ぎっくり腰」という正式な病名はなくて、正しくは「急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)」で、欧米ではその病態から「魔女の一撃」とも呼ばれています。ぎっくり腰の症状は、急性の筋筋膜性腰痛や腰椎椎間板ヘルニアの病態であることもあり、要因等もその臨床に合わせて様々ですが、共通して年齢(ヘルニアは若年性ですが筋関係は加齢によってよく発症します)、運動不足(急な運動)などが考えられます。ただし普通の腰痛と同様で、安静にしていれば3ヶ月以内に自然に治ることが殆どで、手術が必要なのは重度の椎間板ヘルニア(下肢の感覚鈍麻や麻痺症状の酷いもの)や腫瘍などがある場合だけです。なお、腫瘍が原因の場合、夜間痛・安静時痛が多く起こるので、ぎっくり腰のように損傷の原因を特定できる場合は少ないようです。
 ぎっくり腰というのは、くしゃみをしたり、中腰のまま重い物を持ち上げようとしたときなどに、腰に突然激痛が走って、その痛みが数日間も続くものだ。ぎっくり腰の症状がひどくなると、痛みのあまり動けなくなってしまうこともあります。
 ぎっくり腰は、急激に起こる腰痛の総称で、別名「急性腰痛症」ともいます。腰の筋肉や関節に急激な負担がかかったときに起こるものだが、その原因はいろいろあります。そして、ぎっくり腰の多くは、腰椎の関節である「椎間」の部分が炎症を起こす「椎間関節症」や、腰の筋肉が肉離れのような炎症を起こす「筋筋膜性腰痛症」によるものです。
 ぎっくり腰に起こすのが1回で済まずに、何回も繰り返す人もいます。このように、ぎっくり腰になりやすく、腰の筋肉や関節に炎症を起こしやすい人は、腹筋と背筋の筋力バランスが悪い人が多いようです。
 ぎっくり腰は西洋社会では、「魔女の一撃」と呼ばれているようです。ぎっくり腰の痛みは、体験した人にしかわからない激痛です。かつては、腰痛は年配の方の持病であるように思われていましたが、現在では継続的な悪い姿勢が引き起こす 若い世代のぎっくり腰も増えてきています。その原因として挙げられるのが「偏食による基礎体力の弱体化」「一部の筋肉への負担集中」「継続的な不自然な姿勢」などです。ぎっくり腰は既に世代を 問わない「現代病」となってきています。
 腰痛を医学的に分類すると「筋筋膜性腰痛」、「椎間板ヘルニア」、「脊椎分離症」、「脊椎すべり症」、「変形性脊椎症」、「腰部脊中管狭窄症」、 「骨粗鬆症」、「内蔵疾患」等になりますが、私たちが通常言うところの「ぎっくり腰」というのは突然に襲い掛かってくる「急性」の腰痛のことで、医学的な言葉では「急性腰痛症」という名称で定義されています。急性の腰痛全てを「ぎっくり腰」と呼んでいるため、実際の治療を行う際にはもっと細かい分類が必要でしょう。
 ぎっくり腰や椎間板ヘルニアになりやすい人は、重労働の人は意外に少なく、デスクワークで働く人や車に乗っている時間が長い人に多いという結果が出ています。つまり、いすに座っているばかりだと、体重が腰に掛かって、そのような姿勢をずっと続けていると、血液の循環が悪くなって、つい間板に負担が掛かるということです。そして、ひどくなると、ヘルニアになって、神経が圧迫されて痛みが出てきます。
 したがって、ぎっくり腰になりにくくなるためには、長時間いすに座りっ放しになることを避け、時々、いすから立ち上がって、軽く体を動かして腰への負担を軽減させてやることが必要です。そして、歩く時も背筋を伸ばして、正しい姿勢で歩くと腰の負担が軽くなります。
 ぎっくり腰と一般的に呼ばれるのは、急激に起きる腰痛の総称です。中でも多いのが腰椎の捻挫です。腰の周りの筋肉や筋膜の一部が切れてしまい、背骨の両脇あたりに痛みが出ます。

 ぎっくり腰の主な原因となるのは、膝を曲げずに重い物を持ち上げたり、体を急にひねったりする動作です。そして、ぎっくり腰になると、腰を曲げることができなくなってしまいます。

 ぎっくり腰の病状としては激痛のため少し上半身を前かがみにしてしか歩けなくなったり、上半身を後ろに反らすことができなくなったり、歩くたびに振動で腰に痛みが走り、ゆっくりと静かにしか歩けなくなったりする症状です。
ご案内
『ぎっくり腰を治そう!【ぎっくり腰】治療情報局』では、ある日突然にやってくる『ぎっくり腰』に対する知識を深め、ぎっくり腰に対する対処法、予防法、さらには治療法を学んで戴ければと思っています。すでに、ぎっくり腰を体験された方、まだの方を問わず本サイトの情報をお役立て戴ければ幸いです。
ぎっくり腰 最新コメント