さくっと腰痛改善道
神秘の業 八相穴 たった10分で激しく痛む腰痛から開放される方法

ぎっくり腰 原因

 ぎっくり腰は、ほとんどの場合、骨盤の仙骨と腸骨という2つの骨からなる仙腸関節と、仙腸関節に付着する軟部組織の損傷により起こります。 
 人間は寒さや疲労といった外的ストレスに対し、恒常性を保つために、副腎からホルモンが分泌されます。骨盤の仙腸関節でも体を支える能力を維持するために、副腎からホルモンが分泌されます。そのホルモンの生成にビタミンCが必要になるのです。このとき、体の中の組織や細胞中にあるビタミンCが使用され消費されるので当然、食生活などでビタミンCの摂取の少ない人などは特に仙腸関節の中のビタミンCも不足するようになります。その結果、仙腸関節の支持能力が低下し関節がズレて、ぎっくり腰になってしまうのです。

 西洋医学では、ぎっくり腰の原因や発症のメカニズムはほとんど解明されておらず、はっきりとした診断がつかないのが現状です。しかし、カイロプラクティック医学では、ぎっくり腰の原因は、はっきりしていて、腰や骨盤の筋肉、筋膜、じん帯、軟骨組織の損傷によるものです。特に多いのが骨盤の仙骨と腸骨の2つの骨からなる仙腸関節に付着する軟部組織の損傷により起こるのが殆どのぎっくり腰です。

 ぎっくり腰が構造的にはどのようになっているのかというと、仙腸関節がわずかに離開して腸骨が後下方にズレているのです。時には前方、内方、外方の方向にもズレることもあります。
 ではどうして仙腸関節に付着する軟部組織が損傷すると、腸骨がズレるのかというと、骨盤を支えている筋肉が弱くなってズレる場合と、仙腸関節を構成する軟部組織そのものが栄養分の不足により、仙腸関節の体を支持する能力が低下し腸骨が後下方にズレる場合があります。
 骨盤を支えている筋肉には、腹直筋などのように上から支えている筋肉群と、大腿四頭筋などのように下から支えている筋肉群と、その他にも前後左右から支えている筋肉があります。それらの筋肉が弱くなる原因は、それらの上下前後左右の筋肉群が疲労やストレスの蓄積により徐々に弱くなる場合や交通事故や打撲・捻挫・スポーツのしすぎなどが誘因となって筋肉が弱くなる場合があります。
 ぎっくり腰は、突然に体が動かせないほどの痛み見舞われることもあるため、その状況で慌ててしまうことが多いようです。
 ぎっくり腰は、知らず知らずのうちに、日常生活の中で少しずつ腰に負担がかかり続け、ふとした動作でぎっくり腰をおこすと言われています。また、一度ぎっくり腰の経験があると、腰に負担のかかる生活を見直さないと、再度、ぎっくり腰になる恐れがあります。
 日常生活の中にも何気ない動作で、ぎっくり腰の危険のあるものがあります。
以下のようなものが上げられます。

・床に置いたカバンを持ち上げようと、前かがみになった時。
・重い荷物を運ぼうと、荷物を持ち上げた瞬間。
・仕事などで、同じ姿勢を長時間続けたあとに、急に伸びをした時。
・階段を昇り降りする時。
・急激に体をねじった時。
・満員電車の中で無理な体勢での急ブレーキや、体勢を変えようとした時。
・座ったままで、足元の荷物を移動させようと、体をかがめて移動させた瞬間。

 これらの中には、いつも何気なくとっている動作があると思います。疲労が蓄積されて、いつぎっくり腰をになるかわからないので、上記のような動作には注意しましょう。

 ぎっくり腰になる場合、ほんとに何気ない動作がきっかけになることがあります。それは何気ない動作では、腰・背中・お腹の筋肉を意識することが少ないため、急に腰に力が入る体勢をとったときに、ぎっくり腰になってしまうことが多いのです。この時、筋肉を痛めてしまう場合や、腰の関節やクッションの役目をする椎間板を傷めてしまう場合もあります。

家庭でに何気ない動作で、ぎっくり腰の危険のあるものには、
以下のようなものがあります。

・急に布団から起き上がろうとした時。
・目覚めてすぐに伸びをした瞬間。
・布団や物を持ち上げる時。
・顔を洗う時。
・靴下を履こうと立って、前かがみになった時。
・背伸びをして高いところのものを取ろうとした時。
・子供を抱きかかえようとした時。

これ以外にも、ふとした動作でぎっくり腰になる可能性はありますが、ぎっくり腰にならないための予防のポイントは、なるべく動作の前にひと呼吸おくことです。また、荷物を持つ時は膝を曲げたり、くつしたを履く時は、椅子に座るなど、腰への負担を軽くすることが大切です。
 ぎっくり腰に限らず、筋スパズムというのは、神経により筋肉が緊張した状態のことを指しますが、要は筋肉が硬くなっていることを言います。筋スパズムだと、筋肉が疲れやストレス、運動不足や栄養不良などで、その一部が硬くなってしまいます。一時的なものであれば、休めば元のように戻りますが、継続的にかかる精神的ストレスや立ちっぱなし、座りっぱなしの仕事による筋肉の疲れは、やがて筋肉の硬い部分(硬結部と呼びます)をさらに悪化させます。悪化した硬結部が、硬い状態のまま元に戻らなくなります。怪我ではない痛みや違和感、例えば肩こりのようなものも筋スパズムが原因であるとされています。
 ぎっくり腰の原因は、腰や骨盤の筋肉、筋膜、じん帯、軟骨(軟部組織)の損傷によるものです。特に多いのが骨盤の仙骨と腸骨の2つの骨からなる仙腸関節に付着する軟部組織の損傷によって起こるぎっくり腰です。

 ぎっくり腰の症状が、構造的にどうなっているのかというと、仙腸関節がわずかに離開して腸骨が後下方にずれてしまう場合が多いようですが、そのずれてしまう原因として考えられているのが、骨盤を支えている筋肉が弱くなるということと、栄養不足から仙腸関節を構成する軟部組織そのもの自体の機能である体を支持する能力が低下してしまうということです。

 骨盤を支えている筋肉が弱くなる原因には腹直筋などのように、上から 支えている筋肉群と、大腿四頭筋などのように、下から支えている筋肉群 とその他にも前後左右から支えている筋肉がありますが、それらの上下前後左右の筋肉群が疲労やストレスの蓄積により徐々に弱くなっていったり、交 通事故や打撲・捻挫・スポーツのしすぎなどが誘因となり、それらの筋肉 群が弱くなってしまうということが上げられます。

 関節の栄養不足の問題は、寒くなると体が寒さというストレスに抵抗して健康を支持しようとする人間の生命力として備わっている恒常性の働きにより、副腎からホルモンが分泌され、そのホルモンの生成にビタミンCが必要となり、体の中の組織や細胞中にあるビタミンCが使用され消費されるので当然、食生活などでビタミンCの摂取の少ない人などは特に仙腸 関節の中のビタミンCも不足するようになってきます。

その結果として、仙腸関節 の支持能力が低下し関節がズレてぎっくり腰になってしまう場合が多いようです。
ぎっくり腰の原因には、次のようなものがあります。

(1)筋・筋幕性の腰痛
(2)腰椎捻挫による腰痛
(3)椎間板ヘルニアによる腰痛

ぎっくり腰というのは正式な医学用語ではありません。一般的にぎっくり腰というのは、「急性の腰痛」といった意味で捉えられているようです。したがって、ぎっくり腰の定義といったものも、治療院によってバラバラとなっています。 ただし、「急性の腰痛」という大枠の区分の中でも徐々にその原因が定義付けられつつあるのも事実です。
 ぎっくり腰の中で、若年層・中年層問わず、スポーツを楽しむ人にやってくるタイプのぎっくり腰が、「筋・筋幕性の腰痛」と呼ばれるものです。腰部の筋肉の酷使・突発的な限界を超える 運動要求などが原因で筋肉と筋幕に痛みが発症します。筋肉疲労が著しい場合に、このタイプのぎっくり腰が起きやすいので、普段から筋肉には適度な休息と栄養を与え、運動機能を意識的に高めることと、維持することを意識しておきましょう。仮に筋幕性の腰痛となってしまった場合には、他の腰痛と同じように、とりあえずは痛みのピークが去るのを「絶対安静」で静かに待ちましょう。 ある程度痛みが引いてきたら近くの治療院で診察を受け、正しいリハビリ方法と 今後のぎっくり腰予防の方法を組み立てましょう。
 ぎっくり腰と通常、呼ばれているのがこのタイプの腰痛です。 背骨の中にある「脊椎」は主に首の「頚椎」と胸の「胸椎」、腰の「腰椎」 そして「仙骨」「尾骨」から成ります。そのうち「腰椎」は5つの椎骨から成っているのですが、腰椎の椎骨の間になる「椎間板」と椎骨と椎間板を繋げている「椎間関節」の連結部分が捻挫を起こします。それに伴う激痛がいわゆる「魔女の一撃」とよばれるぎっくり腰です。この椎間捻挫の場合、症状は1日目がほぼピークとなりますので、まずは「絶対安静」+「アイシング」 による炎症部分の冷却に努めるのがよいでしょう。炎症が収まれば必然的に痛みも弱くなっていきますので、少し落ち着いてから近くの治療院に診察をしてもらい 正確な腰の状態を確認の上、治療をおこなっていきましょう。ただし、重症の椎間捻挫だといわゆる「腰が抜けた状態」となり、寝返りさえできない状態になります。「腰が抜けてしまった」状態は単なる捻挫というより関節のズレが酷いことが原因となっていることもあります。そういった場合は痛みが引くのを待つよりも、治療に来てもらった方がよい場合もあります。
 最近では「椎間板ヘルニア」による腰痛になる方も増えてきているようです。 「椎間板ヘルニア」の特徴は「腰の痛み」に加えて「痺れ」があることです。痺れの範囲は人それぞれ異なりますが、大抵はお尻の部分から太ももまで、場合によっては 足の指先まで痺れが出るというケースもあります。これは腰椎の椎骨の間にある椎間板が限界を超えてしまい、外に飛び出してしまった状態(ヘルニア)だからです。飛び出た椎間板が脊椎にある神経束を圧迫して、圧迫を受けた神経に対応する部分が痺れてしまうのです。この飛び出した椎間板を治療する方法には大きく分けて2つあります。

(1)外科的手術
(2)手技によるヘルニアの押し込み

の2つです。どちらの治療を行うかは、ヘルニアの度合いによって異なります。しかし、椎間板の突出具合が中程度であれば「手技によるヘルニアの押し込み」で治療・改善するケースが多く、外科的手術は避ける傾向にあるようです。しかしながら、最近では体に負担の少ない「内視鏡手術」やレーザーによる手術など、外科的手術も患者の体に優しいものとなってきています。
ご案内
『ぎっくり腰を治そう!【ぎっくり腰】治療情報局』では、ある日突然にやってくる『ぎっくり腰』に対する知識を深め、ぎっくり腰に対する対処法、予防法、さらには治療法を学んで戴ければと思っています。すでに、ぎっくり腰を体験された方、まだの方を問わず本サイトの情報をお役立て戴ければ幸いです。
ぎっくり腰 最新コメント